オフィス

ERPで経営業務を効率化!導入効果と導入法もまとめて解説

ERPの成功は既存システムの分析がカギ

握手

ERPの導入では新システムの選択に注目が集まりますが、ERPの導入を成功させるのにもっとも重要なのは現状で運用されている既存システムの分析です。
新システムを導入するのに古いシステムを分析するなんて時間のムダ、という声も聞かれますがそれは大きな間違いです。既存システムの分析とは問題点や課題の洗い出しにほかなりません。現状の不満がわからなければ、ERPを導入しても導入効果が出ず、経営効率の改善が実現する可能性が低いため、単にシステムが置き換わっただけで問題点が放置されかねません。
ERPの導入効果とは既存の問題を解決するものであり、既存システムの分析は企業効率改善を実現するために欠かせない下準備です。長期的なことを考えれば、ERP製品の選択より既存システムの分析に時間をかけたほうがいいと言っても過言ではありません。現状もわからずにERPを導入したところで運用がうまくいくはずもなく、問題は放置されたまま新たな問題が発生するリスクも考えられます。
ERPは優れた基幹システムですが、システムである以上完璧ではありません。システムを完璧に近づけるのは運用する人間次第です。既存システムの分析を通じて実現する問題点の把握がERPの導入効果をさらに高めます。

ERPシステムを使って業務をしやすくしよう

ERPシステムとは、企業経営の基本となるヒト、モノ、カネ、情報を有効活用する考え方のことです。
簡単に言うと、企業内のあらゆる場面にある情報を一括管理することができるので、業務の効率化に役立つ仕組みのことを言います。
ERPの導入効果としては、上記のような業務効率化が図れることと、点在している情報を一点に集中することができることです。
たとえば、社内にはさまざまな場所があるので、その部署ごとに情報を管理しているとします。
この場合、いざという場面で適切な情報を把握することができません。
酷い場合は、情報が錯乱して誤った判断をしてしまうことも考えられます。
特に就業人数が多い企業では、ERPの導入効果が高く得られることがわかっており、適切な情報管理が可能なので統括者が指示を出しやすいメリットがあります。
ERPの形態には、全体最適型、業務ソフト型、コンポネート型などがありますが、近年注目されているのはクラウド型です。
これは最新技術を駆使して作られたERPで、インターネットを介した環境の中でアプリケーションのみが使用できる導入効果があります。
これにより、設定の負荷が軽くなることと、サーバー管理の手間を省くことができるのです。
以上より、ERPを使用して業務を効率化することができるので、ぜひ試してみてください。

ERPは部分的な導入からのスタートも可能

日常業務や経営を効率化させるエンタープライズ向けのソフトウェアとして、ERPと呼ばれるシステムの導入が進んでいます。ERPは会計システムや人事給与システム・販売管理システム・在庫管理システムなど、社内のさまざまな業務システムを1つに統合できる導入効果が最大の特徴です。そのためERPの導入は大がかりになりがちで、導入効果を認めていながら、諸般の事情で本格導入に踏み切れないという企業も少なくありません。
ERPを導入しようとする際にネックとなってくるのが、高額になりがちな導入コストの問題です。ERPには大きく分けて統合型とコンポーネント型の2種類があり、コンポーネント型なら部分的導入が可能になってきます。コンポーネント型のERPは会計システムや生産管理システムなど、統合したい社内システムだけを選択して組み合わせられる点が特徴です。コンポーネント型のERPは統合型より導入コストが安い上に、システム構築も小規模で済むためスピーディに導入できます。
拡張性を持つコンポーネント型なら、後で別の業務システムを統合する必要が生じた場合でも、その都度既存のERPシステムに追加していくことが可能です。ひとまず必要とする種類の業務システムだけコンポーネント型ERPとして統合しておけば、導入の初期費用を抑えながら導入効果を得つつ、後々の拡張性も確保できます。


部門による研修や教材の作成、失敗することによって起こってしまう誤操作対応、『Dojo Sero』によるERP導入効果はそのすべてを削減し、パソコン上でわかりやすナビゲーションを付けることで大幅なコスト削減が期待されています!詳しくは公式サイトへ!

Post List