オフィス

ERPで経営業務を効率化!導入効果と導入法もまとめて解説

ERPにより「ヒト」「モノ」「カネ」を総合管理しよう!

会議室

ERPは、EnterpriseResourcePlanningの略です。日本語では、経営資源計画と訳されています。大企業では、様々な部署があります。また、部署ごとに膨大な情報があります。この情報を共有するのは大変なことです。
ミーティングなどを行い、情報共有するのは、非効率的です。これを解消するために、生まれたのがERPです。主な導入効果は、情報の一元管理と、情報の見える化です。ERPを導入することにより、経営に必要な「ヒト、モノ、カネ」の情報を一元管理できます。これにより、すべての部署に必要な情報を、企業内で共有することができます。
また、今まで行っていた、システムの違いによる、修正作業などが不要になります。情報の見える化も、ERPの大きなメリットです。これにより、更新された情報も一目で共有できるため、常に鮮度の高い、リアルタイムな情報が、企業全体にいきわたります。大企業にとっては、少しの遅れが大きな影響を与えるので、リアルタイムな情報は重要なものとなります。可視化された情報は、経営に必要な、売上、人材活用状況、生産コストなどが、すぐにわかります。これにより、素早い意思決定が可能になり、企業経営を有利に進めることができます。このようにERPを企業に導入するメリットは、多くあります。情報がカギを握る現代社会では、ERPは、必ず導入すべきです。

Post List